Column

自己理解を深め、人生を好転させるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自己理解を深め、人生を好転させるには?

「皆さんは自分のことを良く知っているでしょうか?」

心の三層構造

①気質:持って生まれた物
②価値観:生まれてからこれまでの環境によって身に付いたもの(0歳~7歳の間に培ったモノが大きいとされている)
③行動特性:価値観をベースに現れてくるもの
この三つのことをしっかり捉えることが出来ると、自分自身の理解が進みます。
自分自身の理解が進むと、自分の行動傾向がわかり、望ましい行動を増やすことが出来ます。
望ましい行動は、皆さんを成功へと結び付けます。
こんな流れを作っていきましょう!

さて、本日はその最も深いところにある気質といったものを言及してまいります。

2000年以上の歴史をもつエニアグラムとは

エニアグラムは、人間の本質を「9つの異なる根源的な心のエネルギー」にわけ、人間誰しもその一つを持って生まれてきているといったものです。この持って生まれた気質の特性を理解することによって自己理解が進みます。
以下、エニアグラムによる9つの気質を紹介いたします。

タイプ1:改革する人。完全主義者。細部にこだわる。公平で自制心が強い。
タイプ2:助ける人。博愛主義者。よく世話をやく。心が温かくてやさしい。
タイプ3:達成する人。成果主義者。何事も手際が良い。挑戦意欲が強い。
タイプ4:個性的な人。ロマン主義者。独創的なアイデアに富む。繊細で傷つきやすい。
タイプ5:調べる人。合理主義者。冷静で分析力に富む。論理的に考える。
タイプ6:忠実な人。安全主義者。誠実な人柄。慎重で節度をわきまえている。
タイプ7:熱中する人。楽天主義者。明るい社交家。陽気で楽天的。
タイプ8:挑戦する人。パワー主義者。決断力があるリーダー。度胸があり大胆に行動できる。
タイプ9:平和をもたらす人。なあなあ主義者。包容力のある人柄。おっとりとして穏やか。

このタイプわけに対して一つ注意を付け加えさせていただきたいことがございます。
・このタイプは持って生まれた「気質」の領域になるために、皆さんの20歳ころの感覚を思い出しながら自分のタイプを考えることが必要です。現在は「こうあるべき」といった価値観が「気質」をおおってしまっていますので・・
・各タイプに「良い」「悪い」はありません。それぞれの個性と捉えてください。

各タイプを紹介していきますね!

タイプ1

「完璧や正しさを求める人」とか「改革する人」と言われます。
高潔で理想が高いタイプ。倫理的で良心的。善悪の区別が強い。人に教えたり、改革しようとする。秩序的で潔癖。抑圧した怒りと短気が問題になりやすい。

タイプ1は「完璧になりたい人」です。
例えば
100点満点のテストで90点を獲ったときに、
「90点獲ったんだからと満足できない方で、逆にあと10点なんで獲れなかったんだろう」と非常に悔やむ方です。

責任感が強く、自制的で、理想を追求します。
自己犠牲を払っても高次の価値を求めて努力します。
人格的成長を遂げれば遂げるほど、受容的になり、人生を楽しむことができます。

このタイプの方へのアドバイス
「高潔で、きちんとした印象のタイプ1」
頼りになる存在ですが、ときどき小さな間違いまで気がついてしまいます。
その人が間違いを探そうとしているというよりは、
「間違いのほうから、その人の意識の中に飛び込んでくる」ような感覚だといいます。
課題解決思考が強いのかもしれません。
正しさよりも楽しさを求めるとき、自分も周りの人も気が楽になることがあります。

このタイプの方の適職としては以下のようなものがあります。
<適職>
・細部への注意が欠かせない作業をしている時に輝く
会計検査官、歯科医、パイロット、レストランのシェフ、看護師、機械工、整備士
・理想の高い完璧主義者
政治評論家、教師、聖職者

タイプ2

「人の助けになりたい人」です。

友好的で、寛容で、親切。他の人との密接な関係を持ちたがる。
自分が必要とされたいがために、他の人に何かをやってあげることが多い。

愛情深く、寛容で、思いやりがあります。
親しさや分かち合いということをとても大切にします。
成長レベルが高いと、無償の愛を捧げますが、
低くなると、自分への関心や愛情をほしいがために自分を犠牲にして、内なる怒りを抱えてしまいます。

このタイプの人の「人の為」といった行動は徹底しているものがあり、人にお金をかしてほしいと言われるとすぐ貸してしまったり、そのお金をまだ返してもらっていないのに、また頼まれると貸してしまうといったことを繰り返すことが多いようです。

成長レベルが高くなると、マザーテレサのようになり、
低くなると、「君のために言ってあげてるんだからな!」とシャウトするような同僚等になるわけです。

このタイプの方へのアドバイス
自分のことより、つい人のことが気になってしまうあなた。
自分の欲求にも関心を払って、時には、自分にごほうびをあげましょう。

<適職>
・人間関係をなにより大切にする
心理学者、介護職、教職、人事部の管理職、受付係、フロント係、開業医などの人の要望を推し量る仕事、金融、会計、財務、科学、ジャーナリズム、芸術

タイプ3

「達成と評価を求める人」です。

野心的で、有能で、エネルギッシュ。強い向上心を持つ。
自分のイメージや人にどう思われるかを気にする。仕事中毒や、競争過多に陥りやすい。

会社の中で成果を出す人が多い反面、仕事で周りからの評価に依存しすぎてしまう傾向があります。
なので、無理をして体調を壊すことが多いのもこのタイプです。

「達成する人」「成功を追い求める人」と呼ばれます。
人のやる気を出させることも多いので、motivaterとも呼ばれます。

健全なときは、人に好かれ、成功し、人々の模範となります。
しかし、人の関心を集めることに重きをおくがあまり、自分自身の心の欲求が見えなくなってしまうことがあります。
また不健全度が進むと、人も自分自身も偽るようになります。

このタイプの方へのアドバイス
何かしなくても、あなたはそのままで価値がある人間なのだと、どっしりと構えておいてください。

<適職>
・同僚よりも精力的に働きたい
企業の社長、一流スポーツ選手、芸術家、芸能人、企業の顧問弁護士、投資銀行家、神経外科医、トップセールスマン、組織の広報、政治家

タイプ4

「特別な存在であろうとする人」です。

ロマンチックで、感情を正直に表出し、自分らしさにこだわる。繊細で、打ち解けず、静か。
しかし、気分にムラがあり、傷つきやすい。

「個性的な人」と言われることが多く、直観力にすぐれ、独創的な上品さ、優雅さがあり、他人の悲しみに対する理解力が優れています。芸術家タイプと言われる方に多いかと思います。

心の奥底では他人が持っているもの(社会的な生活力、信念など)が自分には欠けているという思いがあり、それでいて、そのありのままの自分を受け止めてほしいと思っています。またまた、それでいて、本当の自分は誰にもわかってもらえないと思っています。自分の感情をよりどころにするので、気分は不安定です。
ちょっと捉えづらいところがあり、何考えるのかなぁ~なんて思ってしまう人です。

このタイプの方へのアドバイス
あなたがタイプ4なら、過去の悲しみにはとらわれず、前を向いて、一歩踏み出しましょう。

タイプ4が落ち込んでたら、
無理に励まそうとせず、そっと側にいてあげてください。

<適職>
・自己表現、独創性を発揮
グラフィックデザイナー、空間デザイナー、俳優、プロデューサー、作家、音楽家、画家、シェフ、牧師、セラピスト、庭師、秘書、健康関連の仕事、工芸家、コンサルタント、クリエイティブディレクター

タイプ5

「物事を観察したい人 調べる人」です。

知的で、集中力があり、洞察力に富む。理解力に優れ、思考を構築するのが得意。
孤独で、風変わり、虚無的になりやすい。

論理的思考にすぐれた人です。
いつも一歩退いた位置から、世の中を観察するのを好みます。何か一つの分野で熟達することを好みます。すぐれた理解力と集中力を持ち合わせています。クールで感情をあまり表に出しません。
人格の成長レベルが下がるにつれ、その集中力が現実の問題から逃げるために使われるようになります。

このタイプの方へのアドバイス
あなたがタイプ5なら、抽象的な問題に逃げ込まず、「今、この人生」に向き合ってください。そして、体の感覚を大切にしてください。

<適職>
・膨大な量の情報の意味を読み取る能力が高い
科学者、大学教授、アナリスト、研究者、カメラマン、司書、プログラマー、法律家、測量士、生物学者、化学者、心理学者、ライター、芸術家

タイプ6

「良き仲間になりたい人・忠実な人」です。

頼りになり、責任感が強く、安定を求める。人を支え、思いやりがある。
その一方で、慎重で、悲観的、反抗的にもなりえる。内面に不安をかかえる。

仲間とみなした人、所属する組織に忠実です。
コミットメントを大切にします。人に好かれる要素を多く持っています。
その反面、不安感が強く、なかなか決断ができません。石橋を叩いて渡らない・・・みたいな!
恐怖対抗的に、反抗的になったりします。
周囲の刺激から大きな影響を受けて、揺れ動くため、
「好きになるのは簡単だが、理解するのは難しい」タイプと言われることがよくあります。

このタイプの方へのアドバイス
あなたがタイプ6なら、質問を一つ。
「何をしたらいいかわからなくなるとき、その答を、他の人が自分自身より、よく知ってると思うのはなぜですか?」
頭の中で、多くの声が聞こえるときは、自分のために静かな時間をとり、自分の思考ではなく、心の奥にある根本の自分自身にアクセスしてください。

<適職>
・いろいろな角度から物事を科学的に分析するのが得意
科学者、技術者、コンサルタント

タイプ7

「楽天的で、夢中になる人」です。

多才で、楽観的で、自然体。遊び上手で、元気で、実際的だが、活動範囲を広めすぎて、散漫になる傾向がある。
表面的で、衝動的になりやすい。

タイプ7は多才で、頭の回転が速く、好奇心が旺盛で、楽観的です。
お菓子屋さんにいる子どものような面があります。一つに決められず、すべてを試してみようとします。
頭の回転が速いため、多くのことを、すばやく吸収する反面、その体験が皮相的なものになります。スピードをあげて、貪欲に求めれば求めるほど、満足感からは遠くなります。

このタイプの方へのアドバイス
あなたがタイプ7なら、質問をひとつ。
「今までの人生になかで、どんなときに一番充実感を感じましたか?」
おそらく、それはそんなに刺激的なものではなかったはずです。あなたがタイプ7なら、頭の中の忙しい声を鎮めて、「今ここ」に存在するようにしましょう。

<適職>
・新たな技術を身につけるのも、現在の芸術を独自の方法で活用するのも好き
最新のテクノロジーを導入する製品開発者、新たな観光先を見つける旅行ガイド、クライアントの潜在能力の引き出すコーチ、スポーツカーの製品デザイン、ウェブサイト機能向上の担当者、職人、探検家、プロのテニスプレーヤー、修理店のオーナー、料理評論家、雑誌の広告営業担当、サファリ旅行ガイド、旅行記のライター、長期休暇が取れる仕事に惹かれる

タイプ8

「力があることを重んじる人」

パワフルで、強く自己主張する。エネルギーにあふれ、率直。周囲をコントロールしたがる。
尊大で、傲慢にもなりえる。

タイプ8は「挑戦する人」「強さを求める人」「自己を主張する人」と言われます。親分タイプです。石原慎太郎さんみたいな・・・

活力があり、エネルギッシュで、周囲に大きな影響を与えます。
他者からのコントロールを極端に嫌います。
自分の中の弱さに直面するのを恐れるため、ストレスが多い状況だと環境から感情的に引きこもって、自分を守るためだけに力を行使し、相手を攻撃することがあります。自分のためだけではなく、他の人のためにタイプ8がその力を使うときにこそ、真の英雄となりえます。

このタイプの方へのアドバイス
あなたがタイプ8なら、内なる優しい気持ちや傷つきやすい心を認めて大切にし、他の人に心を開いていくようにしましょう。

<適職>
「人を支配したい」、「人より優位に立ちたい」という強い願望を持っており、精力的に働く
起業家、警察官、プラント・マネージャー、部長や局長職、弁護士、コンサルタント、保育や看護の責任者、組合のリーダー、役員秘書

タイプ9

「平安と調和を愛する人」

受容的で、控えめ。親切で、ゆったりと構え、支えになる。周囲を穏やかな雰囲気にする。
優柔不断で、受身ながら、頑固になることもある。

受容的で、周りの人に合わせる傾向があり、自分と他人の心の平安を強く望みます。
周りの人をリラックスさせることができます。

大きなエネルギーを持ちながら、それが内面の平和を壊すと恐れた場合、そのエネルギーを自己を抑えるために使います。
そして「怠惰」になることがあります。

タイプ9は「エニアグラムの頂点」と呼ばれることがあります。すべてのタイプの長所を持つ可能性を秘めているからです。しかし、タイプ9に一番欠けているものは、アイデンティティー(真の自分自身を生きる感覚)です。

このタイプの方へのアドバイス
あなたがタイプ9なら、内なる怒りを開放し、自己成長のためにエネルギーを使いましょう。 そうしても、決して人とのつながりから切り離されないことに、あなたは驚くでしょう。

<適職>
・快適さや満足を提案する仕事、情報を発信する仕事
営業職、開業医、心理学者、ジャーナリスト、司書、公務員、リゾート産業のマネジャー社会科学者

自分のタイプを知る

以上、9つのタイプを解説させていただきました。自分自身を振り返り、自分の気質に気付き、自分の人生を生きてください。
自分のタイプ診断は以下のサイトでも行うことが出来ます。
https://lifekagayaki.jimdo.com/

リフレクションルーム”ハレのココロ”では各種のヒーリングとカウンセリング&コーチングにより、あなたが自分の人生を生き”幸せ”になっていくお手伝いをしております。お気軽にお問合せください。

お申込み・お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP