Column

自分の人生を生き、”幸せ”になるために!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

H自分の人生を生き、”幸せ”になるために!

C>E

これはNLPのクラスや催眠のクラスで必ずと言われるほど語られるものです。

C=「Cause」

E=「Effect」

の頭文字をとったもの、日本語で表現すると

C=原因側

E=影響側

「C側、つまり原因側の人生を生きているのか?」
それとも
「E側、つまり影響側の人生を生きているのか?」

多くの方はE側で人の人生を生きてしまっている

多くの方はE側で人の人生を生きてしまっています。
つまり「他責思考」中心で生きてしまっています。

「自分の人生がうまくいかないのは、貧乏な家庭で育ったからだ」

「自分の人生がうまくいかないのは、社会が良くないからだ」

「環境が良くない・・・」「会社が悪い・・・」等々、

自分の目の前に起こっていることを他人や社会のせいにして生きてしまっています。

このような思いになると、どのようなことが起こるでしょうか?

他責思考がもたらす人生

もうお分かりかと思いますが、自分の人生をコントロールすることができず、なりたい自分からどんどん遠ざかっていってしまいます。

われわれの脳は関心を持ったことに対して情報を取りにいってしまいます。
こんなことはありませんか?
「今度、車を〇〇に買い替えよう!」と思った瞬間から、街でその車をやたら目にするようになり「○○って、意外に売れてるんだなぁ~」と思った経験。
女性なら
「今度、〇〇のバックを買いたいな!」と思った瞬間から、街でその○○のバックを持った方をやたら目にするようになる!」

「あるある・・・」と思ったのではないでしょうか。

これはRASと呼ばれる脳にある特有のシステムがさせています。
思いを他責思考で社会や他人に向けてしまうと、自分の欲しくない光景を目にすることが増え、多くのトラブルに巻き込まれてしまうかもしれないのです・・・

自責思考がもたらす人生

世の中の成功者と言われる方は「C」側、つまり自責思考で生きています。
自責思考で生きることができたら、どのようなことが起こるのでしょうか?

目の前に起こる事を自責思考に捉え、自分の目標に向かう上において必要なことであったと捉える。
→目標が明確になっているので、そこに関心が向く。よって目標に関係することを脳が勝手に捉える。
→捉えたことに対して自責思考で行動していく。そして、成功する。
これが成功へのステップです。

「C>E」の人生へ!

皆さん、様々な事象を自分へのフィードバックと捉え、自分の人生を生きていきましょう!

リフレクションルーム”ハレのココロ”では各種のヒーリングとカウンセリング&コーチングにより、あなたが自分の人生を生き”幸せ”になっていくお手伝いをしております。

お申込み・お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP